日本暢銷小説選

2005年日本大衆文学奨直木奨を獲得した作品3部を収録されている。

※「花まんま」(朱川奏人)

小さな妹がある日突然、誰かの生まれ変わりだと言い出したとしたら-。大阪の路地裏を舞台に、失われてしまった懐かしさを描く作品。

※「最終便に間に合えば」(林真理子)



七年ぶりに再会した男女の恋の駆け引きを冷めた目で捉えた表題作を初め、新しい感性と達者な筆遣いで描く“いまどき”の愛のすがた。

ストーリー:
OLから造花クリエーターに転進した美登里は、旅行先の札幌で7年前に別れた男と再会する。空港へ向うタクシーの中、男は昔のように美登里を誘惑してくるが…。

※「101回目のプロポーズ」(野島伸司)

九十九回お見合いに失敗した万年係長星野達郎。一〇〇回目の相手は美人チェロリスト矢吹薫。しかし彼女は心に深い傷手を負っていた…。真実の愛が実を結ぶ、不滅の純愛ストーリー。

出版社 上海文芸出版社
発行年月 2006年1月
サイズ 18.7 cm X 13 cm
ページ数 302P
販売価格 1,923円(内税)
型番 nv4001

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ